成人病を防ぐには

成人病に限らず病気は防げるなら防ぎたいですよね?でも成人病は生活習慣病とも言われているとおり、日々の過ごし方や食生活、生活習慣をまず見直すことで防げる可能性があるんです!

成人病と胃腸炎の深い関係と野菜の取り方

成人病と胃腸炎は関係がないようでいて、意外にも共通点があります。
胃腸炎は胃酸の分泌が過剰になることで、起こる例がよく見かけられます。胃酸の分泌はストレスやウイルスが関係していることもありますが、脂っこい食事、刺激の強い食事を取ると、過剰分泌されることが多くなっています。
脂っこいものや刺激の強い食事は肥満の元になり、糖尿病などの成人病を発症しやすくなりますので、注意することが大切です。
胃腸炎を改善したり予防するには、脂っこい食事を控えるようにします。揚げ物や脂肪分の多い肉などは、消化の悪い食事です。胃に負担をかけてしまいますので、程々の量に抑えるのが肝心です。
お酒の飲み過ぎも胃に負担をかけてしまい、胃腸炎の原因になります。お酒は食欲を増進する作用があるため、食事の過剰摂取を招き、成人病のリスクを上げてしまいます。また、肝臓に負担をかけ、中性脂肪を増やす働きもありますので、お酒の量は少なめに調整するようにします。毎日飲むのもよくありません。
胃腸炎には消化のよいものがおすすめです。野菜はビタミンや食物繊維が豊富で、胃の健康を守るばかりか、成人病予防にとても効果的な食材です。積極的に食べたいものですが、食べ方によっては悪影響を及ぼしますので、気をつけるようにします。
食物繊維が多い野菜は胃や腸で消化を遅くしますので、負担をかける結果に繋がります。食物繊維が多い野菜として、とうもろこしやゴボウ、タケノコやきのこなどが該当します。
煮物やスープなど、軟らかく調理して食べるのが理想的です。かき揚げや天ぷらなどに調理した野菜では、油分をたくさん摂取することになりますから、これらの調理法はできるだけ控えるようにします。