成人病を防ぐには

成人病を防ぐには

成人病に限らず病気は防げるなら防ぎたいですよね?でも成人病は生活習慣病とも言われているとおり、日々の過ごし方や食生活、生活習慣をまず見直すことで防げる可能性があるんです!

成人病の増加傾向

高カロリーで脂質や糖質の多い食事。美味しいもの程、体に良くないと言われるくらいですから、現代人はかなり多くのこうしたものを摂り続けてきています。しかも、こうした食事をしているだけのカロリーの消費ができず、運動不足に陥ってしまっています。その結果、糖尿病や高血圧などによる余病をひき起こしてきています。こうした成人病は、自覚症状が現れる前に自分自身で、気をつけていかなければなりません。薬に頼りクスリ漬けになってしまう前に無自分で何ができるのか、若いうちから、考えて置く必要があります。現代人の生活は、かなり便利になってきて、動くべき事も動かずにできるようになっています。例えば、階段も使わず、エレベーターに頼ってしまったり、歩いて行ける場所でも車に頼ってしまったりしています。畳から、フローリングになり正座から椅子の生活になったおかげで、随分と苦労しなくても立ち居振る舞いが楽になりました。電化製品の普及で掃除や洗濯も楽になりました。ベッドの生活で布団の上げ下げが無くなりました。スイッチ一つで体を動かさなくても自由にできるようになりました。しかし、こんなに狭い日本の家屋は、こんなに便利になりすぎて、体を動かさなくなり、ましてや欧米人のように、ジョキングの習慣も無く、エネルギーの消費量は益々少なくなっています。子供でも、また、ペットでさえも、最近では成人病になると言われているくらいです。この先、益々世の中が便利になり、尚更体を使わなくなってしまったら、どのように成人病を減らす事ができるのでしょうか。本気で考えて行かなければ、一億総成人病になる日も近いと言えるでしょう。医薬の力に頼りすぎて、医療費はパンク状態です。ムダを減らし、体を使う事を考えていきたいものです。

■不眠症の人は成人病になるリスクが高いとされているので、睡眠にも気をつかおう
睡眠導入剤で眠る